• トップ>
  • KDDI労働組合とは>
  • 中央執行委員長あいさつ

KDDI労働組合は、総合労働条件の維持・向上、職場環境の整備などに取り組んでいます。 活動の継続には「Face to Face」のコミュニケーションが大切。ご意見やご要望など、「生の声」を私たちに聞かせてください。

中央執行委員長あいさつ

KDDI労働組合 中央執行委員長 後藤一宏

KDDI労働組合は、「より良い会社をつくること」という活動ビジョンのもと、組合員が安心して働くことができるよう活動を進めています。KDDIグループを取り巻く事業環境は決して楽なものではありませんが、組合員が安心して働くことができるように労働条件や賃金、職場環境などについて会社と交渉しています。また、情報通信産業は、厳しい競争環境にあるもののあらゆる産業の基盤を支えており、将来性のある産業です。持続的に会社が成長し、将来にわたって組合員が活躍できるようにグループ経営計画などについても労働者によるチェック機能を果たすべく協議を行っています。

一方、「つながる仲間、ひろがる笑顔」という行動理念を掲げ、組合員やその家族が労働組合の活動を通じて喜びを感じてもらえるよう、レクレーション活動や福利厚生サービスの提供も行っています。

こうした労働組合の活動は、組合員一人ひとりの参画によって支えられています。多くの仲間が集まり積極的に活動に携わることによって、より一層、魅力ある組織となり、幅広い活動につながっていきます。そのためにも、組合員の皆さんの声にしっかりと耳を傾ける取り組みや、様々な情報をお伝えする取り組みなど「双方向のコミュニケーション」が重要な鍵となります。当サイトでは、相談フォームや最寄りの支部の案内はもちろんのこと、課題解決の参考となるようこれまで寄せられたお問い合わせの事例をFAQ形式で掲載しています。また、Facebookと連動して、様々な活動をよりリアルタイムに臨場感をもってお伝えするよう取り組んでいます。ぜひ、会社生活やプライベートの一助として当サイトを有効にご活用いただきますようお願いします。

私たちは、これからも組合員のために、より良い会社をつくるために努力していきます。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

情報産業労働組合連合会
KDDI労働組合 中央執行委員長
後藤一宏